例会に参加して
やちよ元気くらぶとは 活動予定 活動記録 TOPICS 会員からのお知らせ
会員名簿 企業紹介 例会に参加して 入会案内 リンク集

バックナンバー
2016年
2015年
2014年
2013年
 

やちよ元気クラブに興味がある→こちらへどうぞ!
企業紹介ページにご参加下さい!
2016年
INDEX
30.支部12月例会 山崎大地さんの話をきいて
飯野 孝宏 (有)イイノエンジニアリング代表取締役
29.支部11月例会 「一人でも多くの人を幸せにしたい」との思いをきっかけに
小松 豊 小松電気工事代表
28.支部10月例会 明るく、勉強熱心な若きリーダー
小澤 節夫 (株)カーライフオート代表取締役
27.支部9月例会 シラシンケンの眼差し
26.支部7月例会 1人1人の顧客に耳を傾けること
諏訪 晋巨 有限会社飯田産業
25.西ブロック(船橋・習志野・八千代・市川浦安)合同例会 適塩で3年、大豆・魚・野菜等で7年、健康寿命は延びる
戸台 純一 TMクリエイト代表
24.支部1月例会 経営計画立ててますか?
小松 豊 小松電気工事代表
支部12月例会  12月15日(木)18:00-21:00 勝田台文化センター
2017年宇宙ビジネス元年に乗り遅れるな!
〜小資本 低リスクでもできる。日本で一番宇宙ビジネスに詳しい男が語るチャンスとは?〜
◆講師:(有)国際宇宙サービス 代表取締役社長 山崎 大地氏
山崎大地さんの話をきいて
飯野 孝宏 (有)イイノエンジニアリング代表取締役

少年時代憧れた土星を、自作の望遠鏡で見た感動。もっともっと近くで見たい思いが膨らみ、宇宙ステーションの管制官などを経て、ついに2017年民間宇宙船に乗り、飛び立つ予定の山崎大地さんの講演でした
。私が想像する宇宙旅行と現実の宇宙旅行のギャップに度肝を抜かされました。運航に1000億円かかるスペースシャトルに対し、かのリチャード・ブランソン氏のヴァージンギャラクティック社が開発中の宇宙船では3000万円で宇宙にいけるという。しかも旅行会社に申し込みをするらしい。これから民間宇宙船に乗るには、簡単な訓練を受ければいいという。
知らなかった!!これは我が国が宇宙開発を官主体で行っている為に私達に伝わる情報が誤っていたり、少なかったりする事が原因らしい。宇宙旅行は心配!と思う人は少なくないだろう。海外はどうかというと、楽しい!と思うそうだ。(なんとなくわかるが・・・)米国では民間企業に資金的・技術的支援をどんどん行っており、現在あのAmazonを含め数社が宇宙船の開発を行っているという。飛行実験などの動画がyou tubeで観られるのも驚きだ。こうした民間企業の競争効果でいわゆる「宇宙旅行」の価格が前出の1000億円から3000万円になり、いずれ100万円を切るという。さあここでビジネスチャンス!というお話である。
身近になってはきているが、まだ少数の興味の対象である「宇宙」に一歩踏み込む事で新しいマーケットを創造する。そう考えると楽しそうだ。興味があればどんどん情報を仕入れ、勉強し実行すべきだと思う。
私が感動して読んだマンガ「宇宙兄弟」のあの世界観とは全く別のお話。さて、私はどうする??発想を転換し宇宙の一部である地球上の事でアイデアを絞ってみようと思う。誰もがいずれ否応なしに星となり宇宙へいくのだから。

例会風景1例会風景2
支部11月例会  11月24日(木)18:30-21:00 八千代市市民会館
なんと結婚適齢期の男性7割、女性5割が結婚願望無し!そんな現代の結婚革命とは? 結婚相談所「婚活生活」その価値と未来。
新会員報告リレー第4弾 「お見合い保証」と「企業コラボイベント」で活路を見いだせ!
◆報告者:(株)マリッジイノベーション 代表取締役 小林勝徳氏
「一人でも多くの人を幸せにしたい」との思いをきっかけに
小松 豊 小松電気工事代表

11月例会の報告者は婚活生活(株)マリッジイノベーションの小林社長です。
事業内容は結婚相談所!
報告冒頭、超少子高齢化社会について少し触れていました。2012年では一人の高齢者を2.4人の働き世代が支えている、2025年では一人の高齢者を1.8人の働き世代で支えている、2055年では一人の高齢者を1.2人の働き世代が支えている。よく聞く話で会社経営をしていく上でも気になるところではありますが、2025年、2055年で自分の年齢はいくつですかと問いかけられたときに、今の日本の現状は、かなり深刻なんじゃないかと実感しました。私は2025年で52歳、2055年で82歳になっています。今から39年後、私は支えられる高齢者になっているのです!しかも支えているのが自分の子供一人。
この現状を打破していくためにも、ソロ男(結婚しない男子)おひとり様、などと一人でいることは素晴らしいと言われる世の中を小林さんに変えて頂かなくてはと感じました。結婚に興味がない若者が増える中、結婚相談所の存在意義は今後益々高まっていくのかもしれません。
ここで素朴な疑問。どんな結婚相談所を選べば結婚できるのだろうか?
大手結婚相談所(小林さんは結婚情報会社と言っています)がいいのか?答えはNO。大手結婚相談所に勤めていた小林さんが言うから間違いはないでしょう。大手に入った人のほとんどは、結婚できないらしいのです。何故なら大手は結婚させることが目的ではなく、結婚させないシステムを作り長く会員から会費を取ることで収益を上げることが目的の会社だからだそうです。条件に合うお見合い相手は探してあげるから、後は勝手にやってね!小林さんが結婚情報会社と言うのも分かります。結婚させてあげるのが目的なはずなのに結婚させない。このシステムに嫌気がさし「一人でも多くの人を幸せにしたい」そういった思いがマリッジイノベーション設立、小林さんの独立のきっかけになったようです。
結婚相談所として正しい事の光が見えた、実現させれば大きなチャンスがあるはずと事業をスタート。その結果3年で40組以上の成婚カップルを生み出しました。
「一人でも多くの人を幸せにしたい」その思いで、40組80人を幸せにすることは出来たが、会社を振り返ると全く儲かっていない。自分が正しいと思う商売がしたい、正しくても儲からなければやって行く意味がないのでは?気持ちが揺れる中、会社を売却する決意をしたのが今回の報告をする4か月前の事だったそうです。(結果として引受先は全くなし)
引受先が無いなら、自分でやるしかない!会社に足りない物は何?会員が増えるシステムか?人件費を減らせばいいのか?自問自答する中一番足りなかったのは経営者としての小林さん自身の「覚悟」だったとこの売却騒動で気づくことができたと話してくれました。
商売の3つの柱
「会社の魅力を3つ言ってみなさい。」NHKの朝の連ドラで主人公が父親から言われた言葉らしいです。主人公の女性は2つまでは言えたが3つ目が出てこない。3つすぐに答えられる会社は良い会社らしいのだが、皆さんはすぐに言えるでしょうか?小林さんも主人公の女性と同じ2つはすぐ出てきたが、3つ目が出てこない。今回のグループ討論では仮想社内会議と位置づけ、マリッジイノベーションの3つ目の魅力を考えてみました。グループ討論中、イベントの新企画等様々な意見が出てきて楽しかったのと同時に、私自身の会社についても討論してもらえたら自分では思いつかない大きなヒントが貰えるのではないかと小林さんが羨ましく感じました。
グループ討論で仮想社内会議をしながら、会社の魅力って何だろうと考えていました。商品なのか?人なのか?システムなのか?会社規模なのか?社長の思いなのか?誰に伝えるものなのか?伝える相手によって変わるのか?皆さんならどう答えますか?
最後に正直に商売をしていく事は、儲からない事なのか?小林さんと報告の打合せをしている時に感じた事です。永続させていくためには、嘘をついたり、人をだまして商売するわけにはいかない。かと言って劇的に売り上げが上がる魔法があるわけでもない。思いと売り上げの間で揺れながら、地道にやって行くしかないんですかね?

例会風景1例会風景2
支部10月例会  10月20日(木)18:30-21:00 八千代市市民会館
80年代400万台、現在40万台。1/10に縮小する市場の中で右肩あがりの急成長を続けるバイク屋
〜バイク嫌いのバイク屋が語る60分〜
◆報告者:(有)ライダースクラブ 取締役社長 吉田 祐介氏
明るく、勉強熱心な若きリーダー
小澤 節夫 (株)カーライフオート代表取締役

八千代支部10月の例会は、有限会社ライダースクラブ吉田裕介さんからの報告でした。

カワサキとDOCATIを専門とするライダースクラブさんは、今年で創業30年を迎えられました。
昨今の二輪業界は国内販売台数もピーク時の10分の1に落ち込んでいる状態です。
その様な状況に在りながらも、経営の仕方ひとつ、社員のモチベーションひとつで売り上げの向上に繋がる方法を実践されたそうです。
二代目社長の吉田さんからは、とても明るく、勉強熱心な若きリーダーという印象を受けました。しかし吉田さんは、入社後これからという時に、相次ぐスタッフの退職、引き継ぐ人材の不足などで大変な御苦労をされたとのことでした。

経営者と従業員との問には確執が有り、信頼関係を築くことが難しく仕事を任せることができなかったとのこと。
(私には、従業員側に「やらされている感」が強かったのではという疑問が残りました。)

吉田さんは、年間休日を90日から120日に増やし、残業は一切させないということを実践されました。
又、バイクの有る生活時間を作る為にユーザーとのイベントを増やすことは、経営者と従業員、そしてユーザーとの距離を縮めることに繋がり、それが自社の武器となり販売業績の向上や従業員の定着に結びついたのだそうです。
そして嬉しいことに、今年に入ってから3人の社員の方が御結婚された様です。

私も起業して今年で20年、ようやく成人式を迎えたところです。只、四輪の業界も国内市場は厳しく、新しいものへの挑戦無くしては生き残る事の難しい状況です。
経営者として従業員から興味を持って貰える様、時には厳しく時には優しく接する事を心がけております。
そして、私自身が魅力有る人間になるべく努力をしなくてはと考えております。

今後も、会員が悩み、苦しんでいる時こそ、各々が知恵を出し合い協力し合える我々同友会の様な環境が広がりますことを願っております。

例会風景1例会風景2
支部9月例会  9月15日(木)18:30-21:00 八千代市市民会館
なぜ廃棄物処理会社で二十歳の従業員(ギャル)が笑顔で働けるのか?
廃棄物のコスト適正化と社員の人心掌握は表裏一体
◆報告者:(有)飯田産業 課長 諏訪 晋巨氏
シラシンケンの眼差し

 私の故郷大分県では、「真剣」という言葉をよく使います。本来は「まじめ、本気」といった意味ですが、その使い方は方言化していて、「一所懸命」という意味合いでよく使われます。例えば「一所懸命走らないといけないよ。」という場合は「シンケン走らんといけんで。」という具合です。
 その「シンケン」を、さらに強調する表現として「シラシンケン」という言葉があります。

 肩書きは、「有限会社飯田産業 課長」。経営者でなく経営に直接携わっている訳でもない、一社員という立場で同友会に参加し、何かを掴もうとしている9月の報告者 諏訪晋巨さんの一言一言は、「シラシンケン」な思いが伝わる熱い言葉でした。

 入社当時のハードな仕事のことを話しながら、「きつい作業のことより皆で笑って仕事していたことしか思い出さない。」という諏訪さん。信頼できる先輩や同僚がいつも近くにいた環境が、諏訪さんを育て支えてきたのだなと、ちょっと羨ましく感じました。
 なかなか知ることのできない産業廃棄物処理という仕事の実情を、丁寧にわかりやすく説明してくれる諏訪さんの言葉は、仕事に対する情熱とプライドに溢れていました。

 会社からの「好きなようにやって下さい。」という言葉を、「自分にとって一番の指示」と捉え取り組んだ今の役職。
 「人の管理と教育」を自身の役割として、ひとりひとりと接しながら、それぞれに「役割」と「責任」を与え、最も大切な仕事への意識を何度も何度も丁寧に植え付ける毎日。
 その中で生まれたのは、「簡単に退社させない。辞めなくて良かったと思わせる自信がある。」という強い意志…心に響きました。

 「もっと成長したい」「思いの伝え方、話し方を勉強したい」という気持ちで、同友会への参加を決心したという諏訪さんのスピーチから見えてきたのは、仕事に対する視点をきっちり定め自分の立ち位置でしっかり立っている姿。そして、聞こえてきたのは沢山の血のかよった言葉達でした。

 「シラシンケン仕事を見つめ、シラシンケン人を見つめている」諏訪さんの一所懸命な眼差し。それが、従業員(ギャル)を笑顔にする秘訣か…
 ますます羨ましい…

例会風景1例会風景2
支部7月例会  7月21日(木)18:30-21:00 八千代市市民会館
「一冊の本が人生を変えた。」歌って語る50分
◆報告者:おそうじハウス山口さんち 代表 山口 栄氏
1人1人の顧客に耳を傾けること
諏訪 晋巨 有限会社飯田産業

八千代支部7月例会は、おそうじハウス山口さんち 代表山口さんの、「歌って語る50分」の報告でした。まず歌がとても上手く、びっくりしました。山口さんとは何度かご一緒させていただいたのですが、何時もと印象が違い、ギターを手に歌っている山口さんは、かっこよかったです。

お話を聞かせて頂いて、「一冊の本が人生を変えた」という事で、その時その本を読んでいなければどんな山口さんになっていたのだろうか?
もしかしたら、「リフォームの山口さんち」になっていたかもしれない・・・・・・
そんな事を考えてしまいました。その時・場所での、出会い、関わり、発見、などにより大きく人生が左右される事があるという事を、改めて思い、自分自身の 一瞬の出来事を、大切にしないといけないと思いました。

しかしどんな山口さんでも山口さんであって、お話の中にもあった、625件の顧客、多数のリピート数がある事など、おそうじでも、リフォームでも変わらない信頼があったのだと思います。清掃技術はもちろんですが、山口さん自身に集客があったのだと感じました。

山口さん本人を交えてのグループ討論だったのですが、テーマが自由という事で、山口さんの課題・展望などから、グループメンバーからの、共感なりアドバイス、事例など、様々な討論がありました。その中で、自分を信頼して頂いている顧客に対し、新しい社員の方が業務を行った時に、顧客に迷惑がかかってしまうのではないか?といった意見がありました。私は、報告を聞き、グループ討論させて頂いたなかで、山口さんの、1人1人の顧客に目・耳を傾け、自分は顧客からどのように見えるのか、どのように思われているのか、細かい気づき・気づかいなど、山口ブランドは、確実に継承されていくのだと感じました。
そして私は、一番大切な事を怠っているのでは?と考えさせられました。
.・顧客一件・一件の細かい、小さな意見に耳を傾けているのか?
・従業員・顧客のニーズを理解しているのか?
・お客さんからの「ありがとう」の言葉を大切にしているのか?(その他いっぱい)
今一度、絶対忘れてはいけない大切な事の継続的見直しをしなければいけないと強く感じました。

最後に山口さんがお客さんから言われたという一言がすごく印象に残りました。
「あんたプロっぽくない所がいいのよね」
分かるような気がします・・・(すいません)

私も、自分の家に入っていただき、汚い部分を見られ、尚且つ掃除して頂くのであれば、山口さんにはこだわりなく遠慮なくお願いできそうです。

例会風景1 例会風景2
例会風景3
西ブロック(船橋・習志野・八千代・市川浦安)合同例会  3月10日(木)18:30-20:30 山崎製パン企業年金基金会館
社長の健康は経営責任 「食べ方上手で健康寿命プラス10」
◆講師:家森幸男氏(医師)
 京都大学名誉教授(予防栄養学)
 武庫川女子大学国際健康開発研究所所長
適塩で3年、大豆・魚・野菜等で7年、健康寿命は延びる
戸台 純一 TMクリエイト代表

 講演タイトルには「社長の健康は経営責任」とある。社長が健康であるということは、社員やその家族に対する責任であるにとどまらず、企業が生産しあるいはサービスを提供することにおいて社会的に有意な存在であるなら、社会全体への責任でもあると言えよう。
 家森先生は、食と健康長寿の関係を探るため、世界の60以上の地域を調査し、大豆や魚介類、野菜を多く摂取する地域では生活習慣病のリスクが少ないことを立証された。この日の講演では、先ず、平均寿命と健康寿命との差約10歳は、脳卒中(高血圧)と骨折(骨粗鬆症)によって生まれると説明し、「食べ方上手」で健康寿命を延ばすことができるとした。多様なデータを使って、塩分の多量摂取が身体に与える悪影響や大豆の効能が解説され、適塩(減塩)で3年、大豆・魚・野菜等で7年、健康寿命は延びる、日本の伝統食+乳製品で健康に!と話された。
 質疑応答では多くの質問に丁寧に答えていただき、例えば、味噌汁は大豆を得るので良いが塩分摂取が多くなるので具沢山にするなど工夫した方が良い、など、すぐに役立つお話もあった。
 私が家森先生のお名前に触れたのは、十数年前に友人から「カスピ海ヨーグルト」の種ヨーグルトを貰い、自宅でこれを植え継ぎして毎日食べるようになったとき。「カスピ海ヨーグルト」は家森先生が長寿地域として知られているヨーロッパ東部のコーカサス地方で入手し日本に持ち帰って広めたヨーグルトで、他のヨーグルトとは違って胃で死滅せず生きたまま大腸に到達し、善玉菌として働き、また、優れた整腸作用、免疫細胞の活性化などの健康効果がある。
 友人から貰って植え継ぎ植え継ぎしてきたヨーグルトは、十数年を経てついに弱まり使えなくなったので、このほど、市販されている種菌を購入して、また作り始めた。私は以前、大腸ポリープが見つかり摘除したことがあったが、「カスピ海ヨーグルト」を食べるようになってから大腸ポリープが生じたことはない。これはオススメである。
 高年齢になって以後、減塩と野菜摂取には気を配ってきたが、大豆や魚の摂取にはあまり気を付けてこなかった。これを機会に、再度食生活を見直そうと考えた次第である。

例会風景1 3月合同例会
支部1月例会  1月21日(木)18:30-21:00 八千代市市民会館
揺れて沈まず〜全社一丸で課題を克服、そして世界へ!〜
◆報告者:(株)ストラクス 代表取締役 山本 克己氏
経営計画立ててますか?
小松 豊 小松電気工事代表

 今回の報告では、人材採用、教育、新規経営の柱、中国へ進出、経営計画等、内容は盛りだくさんだったのですが、私が今抱えている課題の人材採用と経営計画の反省について書かせて頂きます。

 自社のイメージ自分でわかりますか?自社の経営環境について考えていますか?経営計画立ててますか?こう聞かれて耳が痛くなる方もいるかもしれません。仕事が忙しくてそれどころじゃないと言う方もいるかもしれません。私もそう。今年は年明けから忙しくて現場をこなすのが最優先になってしまい経営計画を立てていないので、やばいなと思いながら報告を聞いていました。経営計画立ててるんだと驚かれる方もいるかもしれませんが、毎年作ってきたわけではありません。昨年初めて作ったんです!ただ、昨年計画を立てる事は、上手く行く、行かないは別として、決して無駄なことではなかったと感じています。初めて作った計画だったのでかなり張り切ってやりたいことを色々詰め込みました。結果としてはほとんど達成できずかなり落ち込んでいたのですが、1年間会社が何をしてきたのかが解り、売上だけでは判断できない自社に足りない物が見えてきました。
 自社の今一番の課題は人です。父と二人でやっていますが、父も60を過ぎ仕事のペースも落ち、こちらとしても、あれこれ現場を押し付けるわけにもいかなくなってきます。現場をこなす人手が欲しいのも事実ですが、父が居るうちに人を育てておかないと、会社に私一人になってしまいさらに状況が悪化していくのは目に見えています。でもこの危機感を大きく感じたのは今年に入ってからなんです。以前から「いつになったら人を入れるんだ」と言われていたんですが、一番のきっかけは経営計画書です。達成されない計画書を見たとき、このままでは自分の思いと正反対の方向に会社が向かってしまう、理念に書いた事が全て嘘になる、これほど無責任なことは無いと感じたからです。
 人を雇うにはどうすればいいんだろう?「なかなか人は来ないよ」と言われていますし、今まで何もしてこなかった自分のところへ簡単に人が来るとも思っていませんが、どうすればいいのか今悩んでます。
 手作りの求人チラシを持って学校に行っても相手にされない、合同企業説明会に参加しても人が集まらない、悔しい思いをする中どう自社の魅力を伝えるかを本気で考えるようになったと、報告の中で山本さんが言っていました。その話を聞きながら昨年、自分が面接で失敗した時のことを思い出しました。就労体験の子と面接をしたんですが、私も初めての面接で何を話していいんだかさっぱりわかりません。体験なので給料を払う必要が無い為、待遇とかそういった話は必要ない。となると仕事の内容や注意事項、後は履歴書を見て二、三質問する程度。最後に日程を決めておしまい。これでよかったのかなと腑に落ちない感じでしたが、今思えば自社の魅力どころか、自分の会社がどんな会社なのかも一切説明していませんでした。魅力を伝えられるのかと言われれば、今の私には無理だろうと思いますが、面接一つとっても課題はたくさんあるなと感じています。
 我社にとってここ一、二年が正念場。難題ばかりで目をそむけたくなりますが、前進あるのみです。

山本さんから代表理事として一言
 昨年、森下さんの話を聞いて決算書を見直した人いますか?同友会の悪い所は学んだことを実践しない事。学んだら即実践。今回の報告でも、経営計画を立てましょうとありました。売上目標でもいい、会社規模でもいい、とにかく目標を立ててそれに向かって行こう!!
即実践!!私も急いで計画立てます・・・。

例会風景1 1月例会

to TOP

やちよ元気くらぶとは活動予定活動記録TOPICS会員からのお知らせ
会員名簿企業紹介例会に参加して入会案内リンク集お問い合せFAX版 やちよ元気クラブ補助金・助成金情報HOME
(C)Copyright 千葉県中小企業家同友会八千代支部 2013-2016.All Rights Reserved.
お問い合せ HOME