障害児者施設にじと風

にじと風って?

イベント紹介

ボランティア募集

トップページ









団体紹介

ひよこ宣言(1999.7.18)
1.ずうっとこの町で暮らしたい
  友だちと一緒にいろんなことをしたい
  自分のことは自分で決めたい、自分でやりたい
  でも、どうしても出来ないことは手伝って下さい
2.今日ここに私たちの新しい場所が出来ました
  私たちは、ここに閉じこもることなく
  ここを基地として
  新しい一歩を踏み出すことを宣言します


設立の趣旨
 この法人は、八千代市並びにその近隣に居住する、肢体不自由児者及びその他の障害をもつ児者(以下心身障害児者という)の保護家庭や手助けを必要とする人々に対し、その障害の種類・程度・年齢に拘わらず、住民参加と助け合い精神に基づき対等な立場で地域に根ざした在宅介護支援に関する次の支援活動を行うために設立した。
 ・養護学校卒業後の日中活動
 ・学校放課後・学校休日の児童生徒の保育
 ・介護にあたっている保護者、家族の用事、病気、休養等に対する支援のための一時預かり

あゆみ
1997年3月  八千代肢体不自由児者父母の会(ひよこの会)発足
肢体不自由児をもつお母さん達が、障害の種類、程度に関わりなく「どのライフステージにおいても住み慣れた地域の中で共に豊かに暮らしていきたい」との願いから会をつくりました。
活動の一つとして、将来の施設開設に向けて資金集めを開始。
・まず会員による積立てを開始
・「どんぐりの家」上映会を開催
・「朝倉まみチャリティコンサート」を開催
・フリーマーケットへの出店、等々
(多くの献品有難うございます)
1997年12月  八千代市内に肢体不自由児者の通所施設建設のための署名、請願活動を開始
1098年10月  八千代肢体不自由児者父母の会の中に、施設建設準備委員会を発足
1999年2月  八千代市・青年会議所主催のNPO法人説明会に参加
1999年7月  “ひよこの会”の中に、施設「にじと風」を開所
篤志家の廉い賃料での建物提供がキッカケで実現
・夏の親子教室でスタート
・運営はお母さんやボランティアによる手作り運営
・運営資金は、利用料・会費・フリーマーケット収益のほか、多くの方々のご支援を頂きました
1999年9月  レスパイトサービス(一時預かり)を開始
・まだ9:00-18:00の時間帯だけですが
2000年4月  デイサービスを開始
・養護学校(高等部)卒業生の受入れを開始
・放課後活動が活動の中心となっています
2001年9月  施設「にじと風」がNPO法人になりました
・ひよこの会から独立しましたが、引続き支援を得ています
2002年3月  施設を移転
・最初の建物と別れ、新しい建物に移転
・賃料負担がズッシリと掛かってきました
・2002年度、市から運営費の一部助成を得られることになり、事業継続に道が開けました
2003年3月  チャリティー絵画展
2003年5月  支援費、身体障害者デイサービス事業所となる
2004年4月  支援費、児童デイサービス事業所となる
2004年11月  支援費、居宅介護事業所となる(身体、知的、児童)

事業内容
[支援費制度]
身障デイサービス事業
児童デイサービス事業
居宅介護支援事業
[支援費以外の事業]
放課後活動事業
土曜休日活動事業
長期休暇中の活動事業
レスパイトサービス事業
給食、送迎サービス事業
相談事業
[法人の研修]
大学研修受入(日体大生)
市内小中学校研修受入(総合学習、ボランティア体験学習)
県教職員初任研修受入
県職員NPO研修受入
心理リハビリテーション研修会
  場所:あべこどもクリニック
  講師:順大飯島先生
[対外活動]
[広報]
[その他]

地図
 
組織図

特定非営利活動法人にじと風福祉会 - トップページ - にじと風って? - イベント紹介 - ボランティア募集

このページの文責は掲載企業にあります。

やちよ元気くらぶの企業紹介一覧へ戻る
(C)Copyright 千葉県中小企業家同友会八千代支部 2006.All Rights Reserved.